日本におけるNLPの現状

厳選!ビジネスに役立つNLPセミナー比較ランキング

日本では、本国アメリカではあまり支持されていない「米国NLP協会」の流れを組んだ団体が主流となっていることをご存知ですか?

なぜ日本だけが世界の流れとは違う方向となったのか、少しご説明したいと思います。

3大NLPをご存知ですか?

こちらのページでも解説しましたが、現在、NLPが誕生したアメリカでは、“3大NLP”といわれる団体が存在します。

  • 全米NLP協会(創設者:タッド・ジェームス)
  • NLPコンプリへンシブ(創設者:コニリー・アンドレアス)
  • NLPユニバーシティ(創設者:ロバート・ディルツ)

いま、NLPを学ぼうとしている人の中には、初めてこの3つの団体について知ったという人もいるかもしれません。

それぞれの創始者がNLPから離れていた時期があり、その間、認定証が発行されなかったそうです。当然、日本でも認定証が発行されませんでした。

また、習得することが難しいことも“3大NLP”が広く知られることの妨げとなったそうです。

同じ名前の団体が2つ存在する!?

日本でよく知られている「米国NLP協会」は、アメリカで2つ存在します。リチャード・バンドラー氏による協会と、クリスティーナ・ホール氏による協会がそれです。

団体名を巡り裁判を起こした結果、リチャード・バンドラー氏の米国NLP協会が敗訴しました。

このような問題を抱えた「米国NLP協会」が、なぜ日本では主流となり、アメリカとは違う現象が起こっているのでしょうか。

それは、通訳付きのセミナーを開催し、そこに日本人が集中したからです。また、取得が難しく、英語力がなければ学べない“3大NLP”を教えられる日本人トレーナーが多くはありませんでした。

全米NLP協会の流れを組んだセミナーを選ぶ

現在では、3大NLPを習得したトレーナーも存在します。世界の潮流に同調している「全米NLP協会」の流れを組んだセミナーを受講することが、難しくない時代となっているのです。

どこのスクールで学ぼうか悩まれているのであれば、「全米NLP協会」をキーワードに選択することをおすすめします。

NLPセミナーランキング
NLPセミナー徹底ガイド